[PR]川越まつり
お知らせイベント情報 アップしました
Home >症状改善例集 > 統合失調症


統合失調症―ニュースタート健康法で短期回復(症状改善例集No.59)

リポート:韓国から栄養学博士、ニュースタート指導者 宋 淑子

 

隣人の親切による相談──統合失調症

あるひとりの親切なご婦人から、隣の家のご家族が大変困っているという事情を伺い、そのご家族に来ていただきました。当人と奥様、そして同居している彼のお母さんが来られました。

奥様の話によると、ご主人は34歳で1年くらい前から現実離れしたことを話すようになり、怒って、あばれたりするようになりました。病名は統合失調症で、小学生の子供二人がいる家庭には平和がなくなってしまいました。

病院から処方された薬を飲んでいますが、症状がどんどんひどくなってきて、しばらく前から仕事もできなくなり、家にこもっています。家族には年中怒り、怒鳴りつけ、暴力を振ったり、被害妄想や現実離れした事を言っているということです。

 

統合失調症の男性へのアドバイス

この男性のために、私は次のようなアドバイスをしました。

 

〈食生活の改善〉

主食の摂り方

主食は玄米にする。時には全粒粉が入ったパンや麺類を食べるのもよい。玄米には雑穀などを加えると一層よい。

精製加工食品を摂らない

ビタミンB群が欠乏した精製加工食品(白米、白パン、砂糖、油、白粉)は、脳の働きのために必要なビタミンB群やミネラルに欠ける。この栄養素は、精神面のコントロールにも欠かせない。

副食の摂り方

肉、魚は食べない。タンパク質と脂肪源としては、豆類とナッツを食べる。ただし、食べ過ぎないように注意する。

◆生野菜、果物を充分に摂る。

◆食事の時間を決めて規則的に食べる。

間食、過食、暴食にならないように十分に気をつける。

 

〈ハーブの利用〉

◆薬草(ハーブ)は、キャトニップの粉末状のタイプを食前30分に大さじ1杯ずつ水と共に飲む。1日3回飲む。

 

〈生活上のお勧め〉

◆1日30分日光浴以上する。畑仕事や散歩、または戸外での運動をよくする。

◆屋内外で1日何回も深呼吸する。

◆ぬるめのお風呂にゆっくりとつかる。

◆足湯をする。足湯は神経を鎮め、精神を安定させる作用がある。

 ニュースタート療養院での治療

このご家族は自分たちではなかなかこのようなことはできないとうことで、ニュースタート療養所に入院しました。3週間、健康的な食事を摂り、ニュースタートの健康法を徹底実践して自宅に戻りました。そして自宅でも学んだことを続けました。

その結果、この男性は少しずつ症状が軽くなってきました。今ではすっかり良くなって、怒りや怒声、暴言、暴力がなくなって家族に平和が戻ってきたそうです。そして、この男性は、以前のように自分のビジネスを開始し、家族を支えているということです。

一般病院での治療概念を持っている方々には、驚きの報告だと思いますが、自然界に与えられている人間のための食物を、できるだけ手を加えないで体内に取り込む時、それは人体の必要を満たし、体内では驚くべき癒しの働きを成してくれというのが、これまでの私の経験でよくわかります。

 

  • 2012年09月09日

SIDE MENU

MAIN MENU

元気サーバ ショッピングサイト

ジューサー特設サイト

トータルヘルス

連絡先

財)日本健生協会 健康教育部

〒367-0245 埼玉県児玉郡神川町植竹665-4-3

電話 0495-74-0232

FAX 0495-71-6462

トータルヘルスサイト
http://kenkou-8.org/

メール nkk@kenkou-8.org

このページのトップへ