[PR]川越まつり
お知らせイベント情報 アップしました

風邪(症状改善例集No.12)

自然療法は全くすばらしい!
2週間引きずっていた風邪 ― 自然療法によって1日で解消

自然療法の効き目

「薬は即効性があって良いが危険なこともある。そして、自然療法は安全だが、すぐに効くわけではない」こんな風によく言われますが、私はそうではなく、自然療法こそ速やかな効き目があって確かな方法だと思っています。特にしばらく前に体験した風邪の時には、その回復の早さに驚きました。

ひどい風邪

そのときの風邪はとてもひどく、鼻汁、咳などがあって、私はすぐに風邪薬を飲みました。2日ぐらいで、少しおさまった感じがしたのですが、2週間経っても、どうもすっきりしない状態が続いていました。そこで、残っていた抗生物質を飲んでみました。すると今度は、胃が痛んでどうしようもありませんでした。

自然療法を試した

そこで、「家庭でできる自然療法―その驚くべき治癒力―Dr.アガサ&カルビン・スラッシュ著」(日本健生教会発行)を開いて、そこに書いてあることをすぐに試してみました。風邪のための手当ては、だいたい次のようでした。

風邪の時の手当て

(より詳しくは風邪の手当てのページをご覧下さい

①風邪かなと思ったら即行動する。室内に新鮮な空気を入れる。深呼吸する。深く吸って、ゆっくりと20を数える間をこらえてから、深く吐き出し、また、ゆっくりと吸って10を数える間こらえて息を止める。これを、40~50回繰り返す。

②足湯を20分する。熱すぎない程度のお湯の入ったバケツに足を入れる。それから、冷たい水を足にかけて拭く。その後、コタツや布団の中で30分間ほど温まりながら休む。

③腸を空にする=何兆もいる便中の細菌などを排泄する事は風邪の進行を防ぐ。

④早足で歩くなど、活発な運動をする。または、入浴する。

⑤尿の色が薄くなるまで、水を十分に飲む。

⑥食事を控え目に摂る。特に砂糖の入ったもの、動物性や油物の食品は控える。

⑦チャコールを飲む。粉末なら大さじ1杯を食間の空腹時に飲む。もし喉の痛みや、口の潰瘍があるならば、口の中で溶けるようにチャコールを含み、炎症を起こした部位につくようにする。1日4回飲む。

⑧温かい湯で10分間うがいをする。できれば毎日4回する。

⑨睡眠を十分取る。必要なら昼寝をし、十分な休息を摂る。

⑩43℃~46℃の湯で20分間、鼻腔内を洗う。500ccのお湯に小さじ1杯の塩を溶かして、片方の鼻の穴をふさぎ、片方の鼻から吸い込んで洗う。これで、完全に治ってしまうことがよくある。

⑪のどや耳が痛かったら、水治療法をする。

⑫足、手、首、耳など、特に末端を昼間暖かく覆う。

⑬必要に応じて手や足、喉や胸に温湿布を当てる。

⑭日光を浴びる。直接、あるいは寒い時には窓越しでもよい。日光は免疫機能を高め、ウィルスを衰えさせる。

即効!

上に書いてあることを、わたしはすべてやってみました。するとなんと、一発で鼻汁はとまり、咳は出なくなり、風邪の不快な症状は消え去って、たちまちのうちに楽になったのです。すごい!ただ「すごい!」の一語でした。2週間もぐずっていて、しかも薬ではどうにもならなかったものが、足湯や深呼吸などでたちまち良くなる!わたしは全く感服しました。
自然療法は本当にすばらしいですね。特にこの青い本は本当にすばらしいです。以来、風邪をひいたという人にはためらいなく、上のような方法を教えています。(福岡:60代女性T.Sさん)

このページのトップへ
  • 2012年09月09日

SIDE MENU

MAIN MENU

元気サーバ ショッピングサイト

ジューサー特設サイト

トータルヘルス

連絡先

財)日本健生協会 健康教育部

〒367-0245 埼玉県児玉郡神川町植竹665-4-3

電話 0495-74-0232

FAX 0495-71-6462

トータルヘルスサイト
http://kenkou-8.org/

メール nkk@kenkou-8.org

このページのトップへ