[PR]川越まつり
お知らせイベント情報 アップしました
Home >症状改善例集 > チャコールで糖尿病も良くなった

チャコールで糖尿病も良くなった!!(症状改善例集No.73)

私は血糖値が高く、3年頃前から目が霞んだり、足も痛み始めて、糖尿病の合併症らしきものが出始めていました。それが今では「チャコール」というものに出会って何の心配もいらないと感じているほどです。
 

チャコールとの出会い

昨年の秋、友人が糖尿病の自分にも良いという、自分で焼いたパンを持ってきてくれるようになりました。ある日その友人が「自分は炭の粉を飲んでいて、胸やけにとても効く」というので、「炭の粉を飲むの?」と少し驚きましたが、自分もよく胸やけがするし、飲んで害もないというので試してみることにしました。

 

胸やけに効く!口内炎にも!

そして胸やけがした時、さっそくチャコールを水に溶いて飲んでみると、飲んだすぐあとに胸やけが治まったので、「友人が言ったとおり、すごい!」と思いました。口内炎になった時も飲んでみると、2日で治りました。その後も胸やけや口内炎のたびに、チャコールを飲むようになりました。

劇的に助けられた!

今年のお正月、お酒を飲んで、おせち料理とお餅をたくさん食べた後、血糖値がかなり上がったのでしょう。もう立てないくらい体がつらく感じました。何か良いものがないかと思った時に、閃いたのがチャコールでした。試しに飲んでみると間もなく楽になりはじめ、2~3時間後には苦しさもなくなり普通に立てるようになったのです。チャコールが血糖値を下げてくれたのかと不思議に思い、チャコールで血糖値が下がるかどうか、飲んでみることにしました。今まで2年以上も飲んできた薬は手放せないので、1週おきに、チャコールを飲む週と、薬を飲む週と分けてみました。

試みの結果

試してみた結果、チャコールだけの週も、薬だけの週も、血糖値はどちらも安定していることが分かったので、もう薬は飲まないことにしました。薬を飲むと疲れやすく量も多かったからです。

チャコールだけで、1か月ほど経った頃、病院での検査結果は正常値でした。これまではヘモグロビン・エーワンシーの値は、高い時には8.6~9くらいありました。お医者様は、今回の検査結果が薬を飲んでいないのに5.3の正常値内だったので、ふつう薬だけではこんなに早く正常値内にはならないのにと大変不思議がっておられました。

 

今ではすっかり愛用者

今ではチャコールは毎日、朝昼晩と1杯ずつ飲んでいます。会社での昼食は油を使った料理が多く、ごはんの量も多いので、食後、すぐにチャコールを飲んで、血糖値があがらないようにしています。

また料理にニンニクや玉ねぎをたくさん使うので、口臭も気になっていたのですが、チャコールを飲むようになってからは気にならなくなりました。

 

チャコール おまけの効用?

私は花粉症も持っていて、毎年2月頃になると症状が出て大変でした。ところが今年は花粉症が出なかったのです。これもチャコールのおかげなのか花粉が少ない年だったのか、どちらとも言えませんが、快適な春を過ごすことができて喜んでいます。

また季節の変わり目には扁桃腺が腫れて38度くらいの熱が出ていたのですが、今年はそれもなく、風邪もひかなくなっています。これらのことが皆チャコールのおかげかどうかはわかりませんが、チャコールはずっと飲んでいこうと思っています。

 

 

◆      チャコールで水虫寛解

チャコール粉末で中敷きを作る

これは私の主人の体験ですが、主人は仕事柄、安全靴とよばれる職場用の靴を1日中履いていなければなりません。そのため水虫に悩まされてきました。ひどい時には冬でさえもその痒みが治まりませんでした。

そこで私は、靴の中敷きと、薄手の不織布を買ってきて、不織布を細長の袋状にしてチャコールの粉末を入れ、中敷きに縫い付けてみました。その中敷きを靴の中に入れて、主人に試してもらうと、まず3日ほどで安全靴の中でも汗をかかなくなりました。そして5日ほど経つと指のかゆみがなくなってきたそうです。

1か月半経った今では指間も乾いて、すっかり治ったような感じです。

◆ 娘の白血病にも

娘は昨年白血病になり、1年間、抗ガン剤治療などのために入院していました。3月には検査数値も下がったので退院しました。

私たち夫婦ともチャコールがとても良かったので、娘の病気にも良いのではないかと思い、またそう願って退院してから娘にも飲ませています。4月のころは数値がまだ上がったり下がったりと不安定でしたが、6月になった今ではチャコールのおかげもあるのか、数値は落ち着いています。

大きな病気なので、病院からの薬も飲んでいますが、娘の病気もチャコールで治ればいいなと切望しています。

 

 

一型糖尿病―インシュリンの投与量減少(症状改善例集No.64)

米国 ユーチパインズ研究所からのリポート  10代女性 Kさんの体験

 

若年性糖尿病

若年性糖尿病、すなわちⅠ型糖尿病は、一旦かかると一生涯インシュリンを投与し続けなければならない病気です。

Kさんは17歳の女の子で、14歳のころにⅠ型糖尿病になり、ずっとこの病気と付き合ってきました。高校生になってから彼女は寮に入り、寮で出される食事を選んで食べたり、量を控えたりしながら食事を続けていました。しかしがんばって食事制限をしても、血糖値のコントロールはうまくいきませんでした。彼女のお母さんは、Kさんの食事を作るために、彼女の高校の近くに引っ越してきました。

しかし、どんな場合でも時間になると血糖値を測り、インシュリンの投与量を決め注射をしなければ、死にもつながる事態になってしまうこともあります。そんな毎日に疲れ果て自暴自棄になっていた彼女を助けたい思い、お母さんは彼女をユーチパインズに連れてきました。

ユーチパインズの指導

Ⅰ型糖尿病は生活習慣によってなる病気ではありませんが、食事や運動、そして睡眠などの良い生活習慣を続けることによって、インシュリンの投与量を少なくすることが好ましいです。

インシュリンの投与量が多ければ、血管にダメージを与え、それが腎臓機能に影響を及ぼすこともあるからです。

ユーチパインズでは、しっかりと食事療法と運動を実行してもらい、血糖値をコントロールしてもらうため、正しい食事と、運動を毎日最低30分はするよう彼女に話しました。

3週間の滞在期間の1週目は生野菜のサラダのみを食べて、血糖値を測るように勧めました。

2週目は生野菜に、玄米又は全粒粉のパン、それに豆類がメニューに加わりました。彼女はこの食事をしっかりと続けました。

 

3週間目にナッツ類を少しとっても良いと医師から指示が出ました。脂肪分を多く摂るとⅠ型糖尿病でもⅡ型糖尿病を合併することがあるので、脂肪分は控えめに摂る必要があります。

 

Kさんとお母さんは、ここに来るまでは一般の病院の医師に従った食事をしていました。甘い物、アルコールなどを摂らず、カロリー量を考えて、ご飯の量を控えることなどが主な注意点だと思います。カロリーさえ守れば何でも食べても構わないという指導もあるようです。しかしユーチパインズでは、インシュリンの量を少なくするために、卵も乳製品も取らない完全菜食の食事指導をしています。食品を選ぶ必要はあるものの、食事の量を満足に摂ることができるので、彼女は大変満足しながら食事ができるようになりました。

このようなことを実行することで、インシュリンの投与量が少なくなることを体験した彼女はユーチパインズでの治療に対して大変前向きに取り組むようになりました。

自宅での療養

ユーチパインズで療養を終え、Kさんは希望をもって自宅に帰りました。自宅に帰ってからも菜食のシンプルな食事と運動を続けました。

お友達に誘われて、濃厚な食事をとったため血糖値が高く上がった時は、食事は血糖値に大きく影響するということを改めて認識しました。友人たちも彼女の状況をよく理解し、彼女の食事療法に大変協力的になったようです。また、Kさん自身もこうしたお友達の理解の中で、自分の状況を受け入れ、以前のような精神的にみじめな気分から脱することができたようです。

日々の体調に波はあったとしても、たいてい血糖値のコントロールはできるようになり、努力の甲斐あって自宅に帰ってからもインシュリンの投与量を減らすことが出来ました。

Kさんは、ユーチパインズで食事と生活習慣の大事さを学び、どこでも正しく教えてもらえなかった食事や自己管理の情報を得ることができ、大変感謝しつつ今、毎日お元気に生活しています。

 

  • 2012年09月09日

SIDE MENU

MAIN MENU

元気サーバ ショッピングサイト

ジューサー特設サイト

トータルヘルス

連絡先

財)日本健生協会 健康教育部

〒367-0245 埼玉県児玉郡神川町植竹665-4-3

電話 0495-74-0232

FAX 0495-71-6462

トータルヘルスサイト
http://kenkou-8.org/

メール nkk@kenkou-8.org

このページのトップへ