[PR]川越まつり
お知らせイベント情報 アップしました
kaifukugenri_inpage
HOME 家庭療法 病気の回復

病気の回復

病気からの回復には毒素除去と免疫力アップのための方法を取り入れましょう。

 

 病気の原因そして回復の大きな要因となっているものは「毒素」です。体内で産生される毒素、外気から進入してくる毒素は体内に充満し、体はこれ以上の毒素を排泄することが出来なくなると、何らかの症状を出して警告を発します。

警告 1 今ある毒素を出してほしい!さもなければ、命にかかわる事態になる!
 警告 2 もう毒素は入れないで!
 警告 3 毒素を排泄できるように、もっとパワーを!

 病気からの回復に当たって、西洋医学では薬物や外科的治療によって症状を和らげることを基本に治療にあたります。一方、自然療法は症状緩和を図ると同時に、体質の改善をめざして病気からの回復を実現させます。上記の警告に対して、西洋医学と、自然治療との対処法を比較してみましょう。

西洋医学の対処法

対処 1

 厄介な邪魔者(症状)が出てきた。消してしまおう。→薬物投与

対処 2

 厄介な邪魔者(症状)が出てきた。取り去ってしまおう。→摘出

対処 3

 栄養を十分に摂りましょう。→ 肉や牛乳、卵を与える。(実はこれらの食品も毒素を発生させます。)

 西洋医学は、症状を取り去ることを考えます。=うるさい!訴えるな!警告はもみ消せ!というやりかたです。そこで、薬物を使用して警告を封じます。薬物は「毒」ですから体にはさらに大きな負担がかかります。体はさらに新たな警告を発しますが、次の薬物(=毒)によって警告は邪魔者扱いされて追い出されます。体は、横暴な主人のやり方によって、なかなか目的を果たせないので、いつまでも警告を発し続けます。すなわち、苦しい症状は無くならないのです。

自然療法の対処法

 自然療法は、症状を「大切な警告の声」として扱います。そして上記の警告1~3
に従って対処します。

① 毒素除去

 自然療法、及び根本療法の手始めは毒素を取り除くことから始めます。毒素除去の王道は「断食」です。このことは、わが国の幾つかの食養道場でもすべて共通しています。ゲルソン療法、マクロビオテック、甲田療法、石原結實医師の人参ジュース断食法も、毒素除去の必然性を説いています。

② 免疫力強化のための栄養補強

 毒素除去の次には、栄養により細胞の活性化を図ります。このために最も効果があるのは、新鮮な生の野菜と果物です。野菜や果物の中には幾種類もの豊富なファイトケミカルがあります。そして体に大きなエネルギーを与えます。生の野菜や果物がなぜ、大きなエネルギーを生み出すのか、そして回復の力になるのかは、「奇跡のジュース」(マイケル・T・マレイ著 角川書店)に解りやすく記されています。

 

解毒と栄養補強、一挙両得のジュース断食 

 毒素除去と免疫力アップの両方の目的を果たす良い例として、人参ジュースその他の野菜や果物のジュースを飲みながらの断食があります。これは安全で、しかも毒素も排泄され、そして細胞も活気付けられる良い方法です。
 このことに関しては、下記の本で医師たちが立証しています。

「奇跡のジュース」(マイケル・T・マレイ著 角川書店 1,800円)

 生野菜や果物をそのまま食べれば良いではないかという意見に対して、ジュースにすると、どれほど体に良いかということがよくわかるように書いてあります。また、冷凍やビン、缶詰のジュースと、命ある搾りたてのジュースの違い、症状別のジュースレシピーも紹介されています。

「ガンの芽をつむ人参ジュース」星野仁彦著(アスコム 1,200円)

 
 ゲルソン療法の星野仁彦先生はこの著の中で、人参ジュースはガンの芽をつむと記し、ご自身のガン克服のために大いに役立ったと書いています。(この本の中のレシピーには、あまり健康的にはお勧めできないレシピーもありますのでご注意ください)

「生ジュース・ダイエット健康法」ナターシャ・スタルビン著(講談社α新書 800円)

 この本では低速回転のジューサーで搾ったジュースを飲むように勧められています。ジュースは毒素排泄に大いに役立つことがよくわかります。

「慢性病に効く にんじんジュース健康法」石原結實著(善本社 1,200円)

 人参に含まれる何らかの成分がTリンパ球を活性化するとして、多くの重症患者が人参ジュースを続けて飲むことにより癒された実例が紹介されていています。症例:無気力、うつ症状、ガン、腎臓病、肝臓病、各種アレルギー体質、生活習慣病、膠原病、その他の難病の完治
 

「断食療法体験集」石原結實著(善本社 1,165円)

 ジュース断食療法を施した医師としての経験から、効果ある野菜や果物を症状別に紹介しています。(胆石、腎臓病、リウマチ、感染症、糖尿病、皮膚病、リウマチ、統合失調症、喘息、口臭、貧血、便秘、前立腺疾患などに適応)ジュースを飲みながら行う断食法とその絶大なる効果について詳しく紹介されています。

「10日間のクレンジングプログラム」(財)日本健生協会発行 無料

 これは欧米で歴史ある体内浄化プログラムです。英語版の書籍から当協会が要約して紹介しています。ジュースによるクレンジングプログラムでは最も安全、かつ効果的であることが、欧米の幾つかの関連機関で実証済みのプログラムです。

その他の参考資料:「患者よ、ガンと闘うな」近藤誠著 文芸春秋
「ガンは治せる」石原結實著 善本社
「免疫革命」(安保徹著) 講談社インターナショナル
「抗がん剤の副作用がわかる本」近藤誠著 
「ガンと闘う医師のゲルソン療法―自らのガンを克服した精神科医が選んだ究極の栄養療法」星野仁彦著 マキノ出版
「トータルヘルス」6、7号(財)日本健生協会発行

このページのトップへ