[PR]川越まつり

日 光

日光の明るさ。日光の暖かさ。日光の心地よさ。

ほどよく日の光を浴びることには心身の健康にとってはかり知れない恵みがある

オゾンホールの破壊で紫外線の害が恐れられていますが、害を避けて益を得る工夫をしてほどよく日を浴びることはこんなにすばらしい。

・全身の抵抗力を増します
・四肢の筋力を強めます
・心筋機能を向上させます
・血圧が正常値に近づき、
・神経が鎮まります
・ストレスへの耐性も強まります
・外傷の回復を早めます
・血糖値が下がります
・コレステロール値も下がります
・肝臓機能が高まり、バクテリヤを殺す機能が強くなります
・顔の半分を5分間日に当てるだけで、1日に必要なビタミンDが体内で作られます

 

紫外線の害が気になってと言いますが・・・

紫外線は老化への影響があるとか、皮膚がんの害が問題になることがありますが、ある研究者は「日光そのものに害があるのではなく、食生活などのライフスタイルと複雑に絡み合って問題が起こる」と言います。特に動物性脂肪の摂取と大きな関係があるという研究報告があります。
植物性の食品を自然に近い状態で食べる食事の仕方をしていると、からだの組織にビタミンが適正にある状態なります。そしてほどよく日光浴をする人の皮膚は、やわらかく、しなやかに、美しくなります。

 

ほどよい日光浴とは?

1日30分ほど日のあたる戸外に出て過ごしましょう。慣れていない方は1日数分からはじめて、少しづつならしていきます。日光の効用や、日光浴の仕方については、「トータルヘルス」誌7号に更に豊富な情報が掲載されています。

 

SIDE MENU

MAIN MENU

 

トータルヘルス

料理教室ナビ

連絡先

財)日本健生協会 健康教育部

〒367-0245 埼玉県児玉郡神川町植竹665-4-3

電話 0495-74-0232

FAX 0495-71-6462

トータルヘルスサイト
http://kenkou-8.org/

メール nkk@kenkou-8.org

このページのトップへ