[PR]川越まつり
お知らせイベント情報 アップしました

痛みの症状改善例集


難病の線維筋痛症からの離脱 埼玉 60代 女性

線維筋痛症とは

この病名は、まだそれほど一般には知られていないようですが、この病気の患者さんは、人口の1.7% の200万人もいると推定されています。しかし、医師からこの病気であると認知されている患者さんは、わずか4000人程度だということです。検査には特別の異常値が現れないために、患者の訴えは、気のせいだとか、なまけ病、かまって欲しい症候群の一種などというとらえ方をされることが多いようです。体中が痛む病気ですが、その痛みは軽度のものから重度の高いものまであり、たいていは耐え難い痛みであることが多いです。特に、首から肩にかけての痛みやしびれ、腰背部、膝から下腿、眼の奥、頭痛などの様々な疼痛症状が起こります。痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。その他、疲労感、睡眠障害、抑うつ、微熱、集中力欠如などが伴う事もあり、症状には個人差があります。この病気になったある患者さんは、「猛烈な痛みが昼も夜も続き、もうなすすべがないとわかった時、この痛みから確実に解放されるのは、死ぬ日だけだ。私はそれを待ち望んでいる」といったほどです。(編集部)

抗生物質

昨年の春、私は足首の関節に人口の関節を入れる手術をしました。術後、感染や化膿を防ぐために、抗生物質が投与されました。3日過ぎても8度前後の熱が続いているので、抗生物質は投与し続けられました。自分としては、抗生物質は飲みたくありませんでした。(熱が出るのは体が何らかの病原体に対して闘っている証拠であり、お薬を飲まなくても身体はその仕事を成し遂げるはずだからです)その希望をお医者様に伝えました。しかし先生は、「もしも、手術した部分が化膿したら大変だから薬は止めることができない」とおっしゃいました。熱は2週間以上続きました。その頃、首と腕の皮膚が赤くなってきたのに気付いたので看護師に伝えますと、翌日の診察時には、「ある種の膠原病の疑いがある。この病気はステロイドを飲まなければ、一生熱が続く病気です。もし、今週一杯熱が続くようであるなら、来週は精密検査をします。」ということでした。

自分はどうしても抗生物質を止めてみたいと先生に伝えました。医師は、「熱がこれほどあるうちは止めることができない。もし、7度3分くらいまで下がれば止めてもいい」とおっしゃいました。幸いにも、その2日後には7度3分になりましたので、先生は、約束通り抗生物質を中止して下さいました。その後、首と腕の赤みも取れてきて、膠原病の疑いもなくなりました。

 

発症

しかし、3週間も高熱が続いた間、首から肩にかけて大変な痛みがありました。入院中は、この痛みは寝違えたせいだと思っていましたので、医師にも看護師にも痛みがあることは伝えませんでした。確かに4~5日辛抱すれば痛みが和らぎます。しかし、また首の周辺が痛くて、寝返りも打てなくなり、起き上がっても自分で首を支えていることもできませんでした。(いつの間に寝違えたのだろう、よくこんなに何度も寝違えるものだ)と思って、チャコール湿布を貼ったり、痛みを和らげる効果のあるハーブ「白柳の皮」を飲んだりしていました。

 

その後、熱も下がり、歩行練習も順調に進み、自分でお手洗いにも行けるようになったので、退院の許可をいただき、自宅に戻ってきました。自宅に帰ってからも、首が痛くなるのは続き、ベッドに寝付くときには家族に首を持ってもらわなければ寝ることも起きることもできない時もありました。そうやってしばらく横たわっていても今度は背中も痛くなるので、体をどちらの向きにも動かせなくなります。

 

おかしい! やはり寝違いなんかじゃない!右側が痛かったかと思えば、4~5日後には左側が痛くなる。入院前にはこんな症状は一度も無かった。だから、もしかしたら抗生物質の副作用ではないかと思いました。入院中、熱が下がった時に、医師が言った言葉は、「あなたの熱は、抗生物質の投与から来ていたかもしれない」というものでした。そして今、自分のこの止まない痛みも、お薬のせいではないかと思うに至りました。ネットで抗生物質の副作用を調べると、首から肩にかけて痛みがでるというお薬もありました。

 

清身源の著しい効果

背中が痛くて、ある時には悲鳴を上げながらお皿洗いをしたりしていました。幸いにも、「清身源」という非常に痛みに良く効くハーブがありましたので、それを飲み始めました。これは本当に良く効きました。これを飲めば、このおかしな病気は無いかのように痛みが無くなります。初めは、朝、昼、晩と1包ずつ飲んでいました。このハーブのおかげで、痛みのない生活をおくることができました。そこで、少しずつ減らし、痛みがある時には再び増やしたりしながら利用していました。

 

ある日、もしかしたら自分のこの症状は、「ある時、あの人が悩んでいた病気ではないか」と思い、インターネットで調べてみました。その結果、おそらく自分の場合も、「線維筋痛症」という病気ではないかと思えました。

 

手術後、1か月目の診察に行ったときに、自分の症状を伝えてみましたが、医師は、「3週間も熱が続いたのだから、そのような体調の異変があってもおかしくない」という見解でした。その言葉を聞いたとき、「いまだに、あの時の熱の影響があるなどということがあるのか?」と思いました。これ以上話してみてもしかたがないと判断しました。 実際、血液検査でも何の異常も見られなかったし、さらなる検査を希望する理由もなかったからです。この病気は、これほどの肉体の苦しみがあっても、検査では何らの異常値が見られないというのが特徴の一つです。ですから、患者の訴えに対して、医師の判断は、時には「気のせい」的な扱いをされる傾向があるようです。さらに、よくよく調べてみると、手術を何度もした患者がこの病気になりやすいという見解もネット上にありました。手術を多くすれば、抗生物質を投与される機会も多くなります。自分の場合も、抗生物質を何種類も飲んで、その中のどれか、あるいは組合せでこのような副作用がでたのではないかと思うようになりました。

 

さて、原因は何であろうと、この変な病気は何としても治したいです。痛みは首ばかりでなく、ある時には背中、ある時には足も痛んで歩くのが大変になります。「清身源」は1年間飲み続けました。このハーブによって自分は普通に生活し、仕事も続けることができました。

 

チャコールを試みる

それでも何とか完全に良くなりたい思い、昨年の12月から今年の3月の間、生食中心の食事をし、その後はチャコールを飲んでみた方が良いのではないかと思い、毎朝大さじ1杯ずつ飲み始めました。清身源と併用しました。

すると、痛みがいくらか軽くなったように感じました。続けて飲んでいると、痛みは随分と楽になっていき、4月に入ってからはほとんどなくなり、次第に清身源を飲むのも忘れ、ついには全く飲まなくてもよくなりました。5月ごろからは痛みは全くありません。

 

1年も続いた不思議な病気が、チャコールを数か月飲んだだけで、なぜ良くなってしまうのか、説明し難いものがあります。ある著名なハーバリスト(ハーブを処方する人)が、どんな病気でも、体を浄化しさえすれば良くなっていくと言ったのを聞いたことがありますが、自分の場合もそうだったのかもしれません。活性炭で組織が浄化され、化学物質による影響の因果関係が無くなったかなと考えています。

診察では認められない病気なので、自分が、「線維筋痛症」だったかどうかは断定しかねますが、少なくても同じような症状を持つ方は、ぜひともチャコールを試してみていただきたいと思います。今では、痛みのない晴れ晴れとした毎日を送ることができ大変ありがたく思っています。この世に「チャコール」や痛みに悩む人々のために良く効く鎮痛ハーブがあること、その創り主である神様を心から賛美いたします!

 

2013年 6月 記

症状改善例集79号より転載

生食中心の食事で、難病の多発性硬化症から回復     米国 40代女性

多発性硬化症(MS)という難病は、身体の動き、バランス、感覚系、知能、感情、内臓の動きや知覚など、大変広い範囲を支配する神経系が冒されます。この広い神経組織のどこが侵されるかは人によりさまざまで、症状はその侵される場所により決まります。主な病状としては、眼がかすむ、眼がはっきり見えないなどの視力の低下、眼の痛み、そして歩きにくくなる、手足がしびれるなどの障害が出てきます。また顔の筋肉の麻痺、皮膚の感覚が鈍くなる、排尿障害などの問題が続きます。多発性硬化症(MS)という難病にかかったならば、一生の間さまざまな苦しい症状に絶えなければならないのが、実情です。ここでは、それらの一切の症状から解放された女性の体験です。

                            編集部

多発性硬化症(MS)発病

私は15年前に多発性硬化症(MS)だと診断され、最初の5年間はずっと一般の薬物治療を続けていました。病院治療を続けていても自分の体はどんどん不自由になってくるし、子供たちはまだ幼くて手がかかっていましたので、本当に大変でした。そして治る見込みもないまま、絶望的な5年間過ごしていました。

ハレルヤダイエット

しかし10年ほど前にハレルヤダイエットに出会って生野菜中心の食事を始めました。この食事法は、体に悪いものを完全に断つこと、そして、酵素が生きている野菜と果物によって体に必要な必要を満たすこと、このようにして毒素を排泄しながら癒しの働きがスムーズに行われるという考えのもとに指導されている食事法です。多くの人がこれによって助けられていることが解って、私もやってみることにしました。

基本としては、完全菜食であること。そして食事の85%くらいを生野菜で摂ることです。さらには1日2~3回くらいコップ2杯くらいの搾りたてのジュースを飲みます。ジュースの素材は、病状によって異なると思いますが、基本は人参で、それに加えて出来るだけ色の濃い緑黄野菜を用います。

 

加熱調理したものは、1日の内、昼か夕食に食べることができます。例えば、十分に炊かれた玄米、ジャガイモ、焼芋、カボチャなどを食べます。調理した食物を含む食事は1日に1食だけとする。それでも熱を通したものは15%程度にするようにします。そして残りを生野菜か果物、ナッツ類を食べます。そして大麦若葉の粉末を大さじ2杯くらいずつ、1日3回、水に溶いて飲みます。

 

数週間後で楽になり始めた!!

上記の食事法を忠実に続けましたら、わずか数週間後には苦しんでいた症状が消え始めました。ハレルヤダイエットを始める前は、お昼頃までにはすっかり疲れきってしまい、午後からは何もする元気が残っていませんでした。しかし、そんな私にエネルギーが戻ってきました。私がこの食事法を始めてからすでに10年経っていますが、今ではもうすっかり良くなって病院にも行っていません。歩くことにも全く不自由がなくなり、そしてとてもエネルギッシュになりました。

 

毎日8kmも歩ける!

私が病気になって手足が不自由だった頃は、「神様が私に子供たちを育てることを許してくださるように」と祈りました。その祈りは応えられ、子育ても全うし、娘は間もなく結婚式を迎えようとしています。式に臨む娘の髪型をこの手で整える事ができるのは何と幸いなことでしょう!!

今、私は毎日8kmも歩いています。これ程の距離を歩くことは、20代の頃にもできなかったことです。私は今40代ですが、毎日が楽しくてしかたがありません。今は、長年の苦しみから解放されて夢のような毎日です。ハレルヤダイエットのおかげで、私ばかりではなく、夫も子供たちも一層健康的な食事をするようになりし、健康が増進していることを心から感謝しています。

2012年12月記

 

 

 

肩の痛み・背中の痛み

チャコールで肩の痛みが改善

私はしばらく前から50肩のような症状で、腕が上がらないばかりか、痛みもあって思うように動かすことが出来ませんでした。

しかし、ニュースタート健康法の講座に出席しましたらチャコール湿布というものをしていただきました。自分にはチャコール(活性炭)を湿布にしたりするのは初めてでしたが、毒にはならないだろうと思い、してみました。ところがなんと翌朝には、ずいぶんと楽になっているのです。全く驚きました。年齢もあるし、確かに運動もあまりしないので肩が動かなくなるぐらいは仕方がないでしょうと思い、何ヶ月も痛いままにしていました。病院からいただく湿布も効きませんでした。しかし、参加期間に3回ほどしていただき、痛みはほとんどなくなったのです。

うっ血していた部分から老廃物などがとりさられたこと、またチャコールには鎮痛作用もあることを学び、頼りになる優れものを知った思いで本当に嬉しくなりました。(埼玉Tさん)

 

背中の痛みが取れて、身体も軽くなりました(症状改善例集No.8)

今回のプログラムは本当に感謝でした。わたくしは若いときに2~3メートルの高さの所から転落してコンクリートの地面にたたきつけられました。以来背中の痛みがあり、そのために坐骨神経痛も併発していました。また膝の痛みもあって、家でも思うように動けませんでした。しかし、スラッシュ先生のご指導で、チャコール湿布をし、サーモフォー(電気加湿温湿布)で温めてからは、長年の痛みがすっかりなくなりました。身体も軽くなって、ずっと動きやすくなりました。自宅に帰ってからも、期間中に教わったことを続けています。牛乳を止めて、豆乳に変え、お砂糖も控えて果物で甘味を楽しんでいます。今日はお天気も良いので、お布団干しもしました。今まではこのようなことが出来ませんでしたので本当に嬉しいです。これまででも身体を大切にするようにとは教わっていましたが、どのように大切にし、どのように痛みに対処したら良いかもわからずに過ごしていましたが、これからは、教わった方法で、神様からいただいた身体を大切にしていきたいと思っています。そしてもうひとつ、スラッシュ先生のご品性のすばらしさに触れることが出来たことは大きな大きな恵みでした。(埼玉:80代女性H・Iさん)

 

関節痛

チャコール湿布の愛用者です。足首の関節が痛んで、長い間いろいろなことを試してみましたが、チャコールが良いと聞いてから、湿布をしてみました。痛みが一度で和らぎました。それ以来ずっと毎日チャコール湿布で手当てをしています。今では何といってもチャコール!と思っています。良い情報を感謝しています。(福岡:Kさん)

 

尿路結石の痛み

尿路結石の兆候が見えたときに、腰の筋肉がつっぱってひどい痛みがありました。数日間はサーモフォーで1日3回ほど手当てをしていましたが、あまり楽にはなりませんでした。そこで、その夜はチャコールに亜麻仁の粉を混ぜて湿布をしてみましたら、一晩で痛みがほとんど取れていました。以来、亜麻仁ファンになっています。(岡山:Mさん)

 

腱鞘炎の痛み

チャコールの愛用者です。生活の中であらゆることに役立てていますが、私が最もすばらしいと思った経験は、腱鞘炎のときでした。チャコール湿布で腱鞘炎の痛みが数日でとれました。また、ムカデにかまれました時にもチャコールで、難なく解決されました。腹部の不快感もチャコールの飲用で解消されます。数年前には、胃がんのために胃の3/4を摘出しました。ガンの術前からはチャコールを飲み、術後には湿布をしました。傷の回復が著しく良好でした。チャコールは解毒作用が著しく鎮痛にも有効です。(岡山:Fさん)

 

骨折の痛み(症状改善例集No.36)

おまけもついた打撲からの回復

春もそこまでという3月のその日、特に軽やかな気持ちで自転車に乗って出かけました。信号で左折する場所に来たとき、左の脚とハンドルの感じがいつもと違ったので降りようとしました。その瞬間、自転車ごと倒れ、私はアスファルトの上に体をひどく打ちつけて転んでしまいました。靴の紐がペダルに巻きついてしまったのです。「痛い!」人目もはばからずその痛さにうめいていましたら、ひとりの御婦人が「どうなさったの?」と声をかけてくださり、事情を話している間に、警察官もほどなく駆けつけました。その後、家族が迎えに来てくれて病院へ向かいました。

圧迫骨折

診察の結果、腰椎の5~7番が圧迫骨折していること、周囲は内出血もしているとのことでした。医師からは、2週間の絶対安静、完治までには3ヶ月要すること、コルセットも作る必要があるので、そのためにも3回の通院が必要なことなどが告げられました。「一瞬の出来事から大変なことになってしまった」との思いに満たされました。痛み止めの座薬を処方されて、激痛を抱えながら帰宅しました。家に帰っても、ベッドに座ることさえもやっとのこと、一度ベッドに入るともう身動きができない状況でした。それからはもう、天井を向いたきり、仰向けになったままの生活が始まりました。「2週間の絶対安静か・・・」ため息が出るばかりでした。

自然療法の試み

それまで、体の不調や痛みがあるときには、ほとんど自然療法で対処していましたので、「今回の事態にも自然療法で」と思い、日本健生協会に電話をしてみました。事態を話した結果、「それほどのひどい状態であれば、激痛のためには何種類かのハーブがミックスされている『ヤマヨモギ系のハーブ』、そして継続して飲むと効果が出てくるという鎮痛ハーブ『白柳の皮』を利用し、圧迫骨折した部分には『チャコール湿布』を貼ってみることが良いでしょう」ということで、それらを入手して手当てを始めました。また、ベッド上で腰を温めました。チャコール湿布をして、その上からサーモフォーで温めて休みますと、翌朝には本当に楽になっていました。そうしているうちに、痛み止めの座薬も止めることができました。

速やかな回復

2週間の絶対安静を告げられましたが、2週間を待たずして痛みは日に日に楽になり、体を右に左にと、少しずつ動かすことができるようになりました。ベッド上での排泄も楽になりました。結局コルセット作りにも通わず、骨折後17日目でトイレに行けるようになりました。その後、病院に行こうかと思いましたが、待ち時間が長すぎるし・・・ということで、3週間後、接骨院に診察に行きました。温泉にも入ることができました。腰のだるさや鈍痛はまだ残っていますが、これほど早く通常の生活に戻ることができて本当に良かったです。診てくれた先生は「お年の割には回復が大変早いですね」とおっしゃっていました。

怪我の功名

今回の怪我で負った痛みは本当にひどかったし、身動きができない辛さもあったので、痛み止めに効くというハーブを2種類飲みました。激痛のためのものと、それを常用すると慢性の痛みであっても強い痛みが出なくなるというハーブです。私は、怪我をする前から膝や肩が痛くて、サーモフォーやチャコール湿布などで手当てをしていました。今回、腰の痛みのために「白柳の皮」と「清身源」を飲んでいましたら、膝の痛みも肩の痛みもほとんどなくなっていたのです。
もし、痛みを抑えるのに医薬を使ったりしていたならば、どうなっていたかなと思います。骨折部が回復して痛みがなくなったときには鎮痛剤も止めていたでしょうが、薬を止めた後、薬の依存性のゆえに、膝や肩は以前よりもっと痛みを感じていたかもしれません。
体に優しい、自然界に備えられている薬があること、そしてそれらを利用することを知ることができて、心から感謝しているこの頃です。(鹿児島県80代女性I.Tさん)

文中に出てくるチャコール、痛み止めのハーブなどが入手できるサイトはこちらです

SIDE MENU

MAIN MENU

元気サーバ ショッピングサイト

ジューサー特設サイト

トータルヘルス

連絡先

財)日本健生協会 健康教育部

〒367-0245 埼玉県児玉郡神川町植竹665-4-3

電話 0495-74-0232

FAX 0495-71-6462

トータルヘルスサイト
http://kenkou-8.org/

メール nkk@kenkou-8.org

このページのトップへ